Bon Chic❤

毎日の生活で思ったことなどを書き綴っておりまする♪

タグ:中之島


先日、中之島の国立国際美術館で開催されている

「BABEL」
ボイマンス美術館所蔵
ブリューゲル 「バベルの塔」展

へ行ってきました~。

国立国際美術館は近所なのでしょっちゅう行っております。
ランチに行った帰りにふらりと立ち寄ったり・・。
気になる展覧会があれば前売券を購入して心待ちにして行ったり・・・。です。

現在、開催中の
「BABEL」
ボイマンス美術館所蔵
ブリューゲル 「バベルの塔」展  

↑は予告された時点で「行きたい♡」と思っていたので
前売券を購入していました。

B1のチケット売場横のスペースにはいつも撮影に最適です♪
今回もパチリ📷

image

展覧会はB3で開催されています。
エスカレーターで降りていきま~す。

今回の展覧会は大きく8つに分類されています。

①16世紀ネーデルラントの彫刻
②信仰に仕えて
③ホラント地方の美術
④新たな画題へ
⑤奇想の画家 ヒエロニムス・ボス
⑥ボスのように描く
⑦ブリューゲルの版画
⑧「バベルの塔」へ

では番号順にみていきたいと思います♪

①16世紀ネーデルラントの彫刻
まずネーデルラントについてですが、「低地の国々」を意味します。
現在のベルギー・オランダ・ルクセンブルクの3か国の低地地域のことです。
そう!低地地域で海抜以下の場所も多いのでよく洪水が起きてしまうのです。

さて展示物ですが、木製の彫刻です。作者不詳の物が多いのですが
どれも細かくて素晴らしい!
題材は聖書に基づくものが多いです。
聖人の表情、髪の流れ、衣服のドレープ等が生き生きと表現されています。

360度見れるように展示されているので裏側から見るのも楽しいかも。
裏側まで細かく彫られている物や、木の質感がそのままの物など。

②信仰に仕えて
個人的にはここの展示が好みです。
ここは絵画です。
題材は聖書や聖人です。
その中でも「枝葉の刺繍の画家」作の「聖カタリナ」「聖バルバラ」が素晴らしいと感じました。
作者の「枝葉の刺繍の画家」は名前ではありません。
作品中に描かれた枝葉がまるで刺繍の様に見える為、そのように呼ばれるそうです。
「聖カタリナ」「聖バルバラ」はともに殉教したキリスト教の聖女です。
気品のある落ち着いた美しい表情に心打たれます。
そして描かれている衣装が緻密で素晴らしい。美しい刺繍模様がリアルです。
思わず近づいて見入ってしまいました。

③ホラント地方の美術
ここは人物の肖像画や聖書を題材にした絵画です。
肖像画の人物は地方の貴族?でしょうか?
名前に「フォン」がついていたら貴族?という認識です(笑)
ここでは「ヨセフの衣服を見せるパテポルの妻」が見どころではないでしょうか。

これも聖書を題材にしています。
ヤコブの一番のお気に入りの息子ヨセフは他の息子から疎まれ
エジプトのパテポルに売られてしまいます。
パテポルの留守中にその妻から誘惑されたヨセフは拒否しますが
上着を置いてきてしまいます。プライドを傷つけられたパテポルの妻は
夫にヨセフの上着を見せて「襲われた」と嘘をついたため、ヨセフは
投獄されてしまう・・・という話です。
絵の左上には牢獄へ連れて行かれるヨセフの姿が小さく描かれています。

④新たな画題へ
こちらも絵画です。題材はやはり聖書や肖像画が多いです。
何が新たな画題なのか?風景や静物画のことなのかな?

しかしやはり聖書を題材にしたものに惹かれる私・・・。
ストーリーを想像しながら観賞するのが好きなのかな?
ここで気になったのは「ヨアヒム・パティニール」の
「ソドムとゴモラの滅亡がある風景」です。
「天球の城ラピュタ」好きな方なら「ソドムとゴモラ」ご存知ですよねー?
ムスカの台詞にありましたものねー(笑)

ってこちらも聖書のお話なのですが・・・。ラピュタに結びつけてしまう私・・・。
赤々と燃える炎の中で都市が滅亡し焼き尽くされている・・と考えると恐ろしい。

⑤奇想の画家ヒエロニムス・ボス
ここは題の通り、ヒエロニムスの絵画を主に展示しています。
この方の絵は主に聖書を基にした寓話です。
聖書の内容も良く分かっていない私には寓話も理解できません・・・。

でも大丈夫!(笑)
ちゃんと見るべきポイントが拡大されてい解説文もあります。
先に解説を読んでから作品を鑑賞すると、「へー」「なるほどね」となるのでは??
ある動物が意味すると事柄やシンボルなど理解できるかと思います。

⑥ボスのように描く
こちらは⑤のヒエロニムス・ボスの作品に基づくもの・・や模倣などです。
ヒエロニムス・ボスに影響を受けた画家の作品?なのでしょうか。
作者不詳の作品も多く展示されています。
このエリアには特に詳しい解説文も無かったように記憶しています。
ですので正直絵の内容はあまり理解できませんでした。
勉強不足です・・・。はい。

でもとても細かく描かれていて、知識のある方が見たら意味のある作品なんだろうな
と思われます。

⑦ブリューゲルの版画
ここは題の通りブリューゲル作の「版画」です。
やはり聖書に基づく寓話が題材です。
「七つの大罪」などなど・・・。
版画なので、色彩はありません。そして作品のサイズも小さめです。
館内の照明も落としてあるので、目がしょぼしょぼしてしまいました。

目が痛くてあまりじっくり観賞出来ませんでした(+_+)

⑧「バベルの塔へ」
ようやくメインでございます♪
ピーテル・ブリューゲル1世の「バベルの塔」

この「バベルの塔」もやはり聖書が題材です。

さて観た感想・・・。
あれ?意外と小さな作品なんですね。「モナリザ」を見た時と同じ反応・・・。
でもでも、その小さな絵の中に一体何人描かれているのか???というぐらい細かい!

ここにも見どころを拡大して解説文が書かれているので有難いですね。

ブリューゲルの作品で「バベルの塔」を題材にしたものは2作品あるそうです。
今回展示されているのは2作品目。より大きく描かれている「大バベル」と呼ばれている方です。
(1作品目は「小バベル」と呼ばれています。)

出口付近にあった撮影用のブースです。
ブリューゲルの「バベルの塔」と東京タワーや通天閣と大きさを比較しています。

東京タワーよりも高い!!!!

image

撮影ブースで写真撮影しようか??と迷いましたが恥ずかしかったので
止めておきました( 一一)

この展覧会は
2017年7月18日(火)~10月15日(日)まで開催されています。
もう一回じっくり観賞しに行きたいなと思えるぐらい見ごたえがあります!

↓特設ショップにいました。
 「タラ夫」ちゃんです。
 「バベルの塔」展 公式マスコットだそうです(笑)


image


我が家はリーガロイヤルホテル大阪から歩いてすぐの場所にあります。
ですのでリーガロイヤルホテル大阪はランチやディナー、友人とのお茶☕などでよく利用させてもらっています♪

なんといっても絶対の安心感・・みたいなのがありますもの。間違いない!って感じ。

先日も「お昼ごはんどこ行こうか~」っといういつもの会話の流れから、鰻がいいね♪となり「じゃあリーガ行こう!」という流れと相成りました。
リーガロイヤルホテル大阪の地下1階にある「東京 竹葉亭」さんです。

店構えからして、ホテル内のお店だなぁって雰囲気。
店内には商談等の流れでお食事されてるのかな?という感じの紳士たちで賑わっております。

半個室に案内されました♪めっちゃ落ち着ける。

私は「「江戸前鰻ひつまぶし 桃」、彼は「鰻丼 桜」をオーダー。
それとお酒のあてに「雲丹烏賊」?を。

雲丹&烏賊のマリアージュ❤美味でございます。
焼酎にピッタリでございます~。

image

暫くして「ひつまぶし」登場!
image
鰻たっぷりです~。
image

まずはそのまま。次は薬味を混ぜて。その次はお出汁を掛けて。
3通りの食べ方があるのが「ひつまぶし」の魅力ですよね~。
どの食べ方もとても美味しくて❤3周くらいしちゃいました~。


関連ランキング:うなぎ | 中之島駅新福島駅福島駅





日々の出来事 ブログランキングへ


先週の金曜日テレビで「究極の〇✖クイズSHOW」というのを見ました。

ある問題に対して〇か✖かで、それぞれが主張し合って回答者がどちらか選ぶ・・という番組です。

その中でこんな問題がありました↓
問題「カルパッチョを発明したのはカルパッチョさん。○か×か?」

これ私すぐ解ったんですよね~♪答えは「✖」。
カルパッチョさんっていう画家の名前が由来なのです♪

なぜ直ぐに分かったのか?と言いますと。
実は実は前日に美術館に行ってたからなんです(^^♪

大阪・中之島にある国立国際美術館。
「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展です。
image


  アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち | 国立国際美術館 | 展覧会・イベントの検索 | 美術館・博物館・イベント・展覧会 [インターネットミュージアム]

平日の昼間だったので来館者も少なく、ゆっくりと見て回ることが出来ました。
ルネサンス期の絵画なので、主に聖書を題材にしたものが多かったようです。
「聖母子」や「受胎告知」「ヒエロニムス」などなど。。。

題材は同じでも、画家によってさまざまな表現がなされていて面白いな~と思いながら作品名・作者名を見比べながら回っていました。
っと、その中に「カルパッチョ」って名前の画家が!!
その時は全然知らずに「カルパッチョさんだって~」と笑いながら話していたのですが(失礼!)

その時の記憶が残っていて、「カルパッチョ=画家の名前」ってすぐ反応出来ちゃったみたいなのです。

カルパッチョさんの作品が気になった方!国立国際美術館へっ!(回し者ではありません)
作品数も多くて見ごたえがありましたよ♪
宗教画が好きな方にはたまらない❤と思います。

私も印象派とかよりも聖書を題材にした宗教画や、実在の人物の肖像画が好きです。
描かれた当時の時代背景や歴史を想像しながら観賞するととても面白いと思います。
私が好きな題材は「聖セバスチャン」です❤あとは「聖ヒエロニムス」かな。
ヒエロニムスさんの足元には必ずライオンが描かれているので探してみて下さーい(≧▽≦)



両親とハービスエントの「ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪」で食事をしてティファニーで用事を済ませた後は、母のリクエストで中之島の国立国際美術館で開催されている「始皇帝と大兵馬俑」展へ!

両親と❤ローストビーフランチ🍴 : Bon Chic❤

ハービスエントから中之島。。。距離的には近いのかな?でも交通手段が無いんですよね~。
なのでタクシーでっ🚙
この暑い時期タクシー様様❤ですよね。本当助かる♪

こちら「大阪市立科学館」のお隣にあります。完全地下型美術館なのでパッと見は入口が分かりにくいのですが、警備員さんが親切に教えてくださいますよ。



ゲートを入るとすぐにエスカレーターで地下一階へ。そこでチケットを購入します。
チケット売場の横の看板です~。
image

そして更に下の地下3階が展示室となっています。
展示物は写真撮影禁止ですので画像がありません。。。。。📷🚫

ですが、展示の最後に写真撮影コーナーがありますよ♪
兵馬俑と一緒に撮影出来ちゃう❤

もちろん私達も撮りましたよ~。
外国人家族にも撮影を頼まれちゃいました。ちゃんと撮れていたか若干心配。。

image

さて、展示はどうだったかというと。
実は今年の初めに上野の「東京国立博物館」で開催されていたのに行っちゃってたんですよね~。

ですので今回は2回目!母のお付き合いだからな~。って感覚で訪問したのですが、再度見ても実に興味深い。
元々、私は歴史には興味があって中国の古代史の小説等も好んで読んでいます。

始皇帝の生涯や時代背景についても一応の知識はあるつもりなので、展示場の年表や地図等とても面白かったです。本の中に登場する春秋戦国時代の国名や首都、秦がどういう経緯で中国全土を統一していったかがとても分かりやすく表示されています。

そして、その時代の副葬品や土器や青銅器等を実際に見ることが出来て、当時の生活ぶりなど想像して楽しめます。紀元前3世紀頃には既に高度な技術を持った文明があったんだなぁ・・と。

特に興味深かったのが、装飾品類です☆やっぱり女はキラキラ宝石好きです☺
といっても当時の装飾品は翡翠や瑪瑙などを加工したものなので、ダイヤモンドやルビーみたいにキラキラではないんですけどね。それでもネックレスやベルトにつけるバックルの様なものなど、細かな細工が施された高度な技術が窺えます。
また実際に「玉(ぎょく)」に触れることが出来るコーナーも設けられていました。
加工されたツルツルの面と未加工部分を触り比べたり、玉の下からライトを当てて透け具合の美しさを見ることが出来たり。そのコーナーにはやはり女性が多かったです(≧▽≦)



そしてそして、一番の見どころはやはり「兵馬俑」でしょう♪
兵馬俑はほぼ等身大で作られており、一体一体全て顔が違うそうです。そして元々は全て着色されていたそうです。今は色が剥げてしまっていますが・・・。

そんな兵馬俑が約10体ほど展示されているのです~。
着用している鎧や冠などで「俑」の身分や役割が分かるそうで、立派な鎧を着て髭を蓄えた眼光鋭い「将軍」や軽装備の「歩兵」など・・・。それぞれ前後左右からじっくりと見ることが出来ます。
例えば靴底にある「滑り止め」とか細かなところまで再現されているようです。

その次の間には「銅車馬」。
始皇帝が実際に乗ったとされている馬車を青銅で細部まで再現した模型です。
これまた迫力満点!

始皇帝陵の壮大な地下宮殿が目に浮かぶようです。
そしてこんなに壮大なものを造る事が出来るなんてどれだけ強大な権力だったんだろう。
以前、図書館で借りて読みました。↓
始皇帝 (講談社文庫)
塚本 青史
講談社
2009-08-12


そんな「秦」もわずか3代で滅亡してしまいます。。。

そのあたりのことは司馬遼太郎の「項羽と劉邦」をもう一度読み返してみたいと思います~。
項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
1984-09-27

項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
1984-09-27

項羽と劉邦〈下〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
1984-09-27


読みだしたら止まらなくなって、寝不足になったのを良く覚えています。面白過ぎます!



●2016年10月2日(日)までの開催です!歴史好きな人はとても楽しめると思います♪

特別展「始皇帝と大兵馬俑」

ある週末。
同居人が福岡の透き通った烏賊くコ:彡が食べたい!と言い出しました(笑)
何故だか分かりませんが、兎に角とっても食べたいそうなのです。

ランチで訪問して「透き通った烏賊」と「もつ鍋」がどうしても食べたいそうなのですっ!!

良さそうなお店を検索して、お店に電話していました(笑)
しかし、烏賊がお店に到着するのは夕方らしくランチでは提供不可×とのこと。。。。残念。でも「もつ鍋」は提供可とのことなので訪問することにしました!
日によっては、ランチで「透き通った烏賊」を食べれることもあるそう!電話で確認してから行くのが良さそうですね。

お店の名前は「博多廊(はかたろう)」
大阪の中之島にある「三井ガーデンホテル大阪プレミア」の2Fにあります。

我が家からは歩いて行ける距離なので、お散歩がてらプラーっと🐾
ホテル内のお店だけあって、とても落ち着いた空間です。ちょっとした集まり等でも行けそうな感じです。

電話で確認して提供不可!って言われたのに再度ダメ元で確認しました(笑)
「烏賊のお刺身はありますか?」ってね(笑)もちろん回答は電話と同じでした。。
これでもしも「あります」って言われてもビックリですけどね~。

っということで、ようやく「透き通った烏賊」を諦めました。。。。
「もつ鍋」が出来るまでの間は「馬刺し」を頂くことに♪
「馬刺し」は思ったより食べやすくてヘルシーなので大好物です♪「たてがみ」も美味しいですよね♪
image

生姜をタップリつけて頂きました。

こちらは「もつ鍋」です♪
image

火にかける前から美味しそう~❤
韮もたっぷりで身体に良さそう。さっと煮たてたら出来上がりだそうです。

もつも沢山入っていて、プリプリしていて美味しい!結構ニンニクも効いています。
もつ鍋屋さんは何軒か行ったことがありますが、こちらはなかなかの高レベルだなぁと感じました。
大阪に居ながら「博多」に居る気分になれます。
〆はラーメンで!麺は「太麺」か「細麺」かを選択できますが、ここは「博多??」なので細麺でっ(^-^)
博多のラーメンを食べているみたい❤

かなり満足気分でした。お昼からお酒を飲んで♬馬刺しともつ鍋を頂けて♬今日もとってもハッピーだなと♡
美味しいお料理は人を幸せにしてくれますね❤

次回は「透き通った烏賊」がある時に再訪問したいと思いますっ(笑)


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 渡辺橋駅肥後橋駅大江橋駅




日々の出来事 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ