Bon Chic❤

毎日の生活で思ったことなどを書き綴っておりまする♪

カテゴリ:日記 > 旅行


なんだか怖そうなタイトルになってしまいましたが・・・・。

先日、「血天井」で有名な「養源院」さんへ行って参りました♪
場所は京都市東山区の三十三間堂の東向にあります。

京都駅から市バスでも行けるようですが、タクシーで行きました🚙
ワンメーターぐらいでしたよ(*´з`)

DSC_5728

DSC_5729

↑「血天井」と立て札に書かれています。

さて、「養源院」とは。

豊臣秀吉の側室「淀殿(茶々)」が父「浅井長政」の追善の為、長政の二十一回忌に秀吉に願って
養源院を建立した。養源院とは浅井長政の院号です。

火災で焼失した後、徳川秀忠の正室「崇源院(お江)」の願により伏見城の遺構を用いて
再建したのが今の本堂である。
以来、徳川家の菩提所となり、歴代将軍の位牌を祀っている。

DSC_5731


なるほど、歴史好きの方ならもうピンと来ているでしょう。
「淀殿(茶々)」は浅井長政とお市の方の長女。そして「崇源院(お江)」は3女。
そう!あの浅井三姉妹です。

しかし浅井三姉妹はとても興味深いです。
母のお市の方は「織田信長」の妹。
姉の茶々は天下人「豊臣秀吉」の側室。
妹のお江は将軍「徳川秀忠」の正室、「徳川家康」の嫁、三代将軍「徳川家光」の母
そして後水尾天皇の中宮和子の母。

・・・と戦国時代の主要人物勢ぞろいです。
結局、小谷城が落城し浅井家は滅亡してしまったけど三女のお江によって
浅井家の血は受け継がれていくんですよね。

本堂の左側の厨子には「浅井長政」「徳川秀忠」「崇源院」のお位牌が安置されています。
そのお写真を見ることが出来るのですが「徳川秀忠」「崇源院」のお位牌には
「菊」「葵」「桐」の御紋があります。
「菊」は天皇家、「葵」は徳川家、「桐」は豊臣家の御紋です。この3つの御紋を同時に拝見できるのは養源院さんだけ!だそうです。

DSC_5732

こちら本堂の外観です。葵の御紋を見ることが出来ます。
内部は撮影禁止なのでお写真はここまで。

中に入って拝観料500円をお支払いすると「少しお待ちください」とのこと。
こちらは自由に拝観するのではなく、お寺の方がそれぞれの部屋や廊下を
説明して下さいます。順番に廻っているのでその説明のグループに入るまで・・・。
ということみたいです。

さて、「血天井」について。
天下分け目の「関ヶ原の戦い」の直前、徳川家康に伏見城の留守居を任された
鳥居元忠以下約2000名の武将たち。徳川家康は上杉征伐の為、伏見城を留守にします。
その間に石田三成率いる4万の軍勢が伏見城を攻撃します。
必死に抗戦しましたが多勢に無勢・・・。ついに力尽き、鳥居元忠ら380人の武将は
「中の御殿」に集まって自刃しました。
関ヶ原の戦いの戦後処理が終わるまで約2か月間遺体は放置されたため、血痕や体のあとが
床板に染み付き洗っても削っても取れなくなりました。
そんな徳川家にとっての忠臣達の霊魂を慰める為、養源院の天井に移築されました。
これが「血天井」と呼ばれています。

廊下の天井はぱっと見茶色く汚れているように見えますが、それがすべて血痕です。
説明によると鳥居元忠の体のシルエットも残っているようで、棒で指しながら
「ここが頭で、ここが腕で・・・」と言われてみればそう見えます。
他にも手の指の跡がくっきり残っていますし400年以上前の血痕がここまで残っているなんて。
当時のことを想像しながら見ると感慨深いです。

伏見城の留守居を任された時点で、石田三成の大群が攻めてくるのは明白であり
残っている武将たちが命を落とすことは覚悟の上。
主君の為に如何に長く敵を足止めするか・・・が使命と覚悟した武将たちの想い。
なんだか目頭が熱くなりました。

他にも見どころは沢山!
俵屋宗達の「宗達襖杉戸絵」、「加納山楽の襖絵」。
歩くとキュッキュと音がする「鶯張廊下」と盛りだくさん。
見所ごとに説明をしてくれるのでとても分かりやすいです。

ただ、説明は日本語のみなので外国人が来られても堪能できないかも??
私が行ったときは外国人観光客が通訳さんと一緒に来られて説明を受けていました。

帰り際、お寺の方とすれ違ったのですが思わず
「とても勉強になりました。ありがとうございました。」と深々頭を下げました。
とても小さなお寺ですが、歴史の面白さ、当時の人たちの想いや願いをたくさん
感じることが出来ました。

ただ一つの後悔・・・・。
それは御朱印を頂き損ねたことです😞
御朱印があることを知らず、後で知ったという・・・・。要リベンジです。






玉造温泉の後は「大根島(だいこんじま)」の方へ🚙

目的は牡丹や庭園で有名な「由志園」です🌸🌸🌸

ちょうどお昼頃到着になりそうだったので、「食べログ」で検索してみると点数の高いウナギ屋さんがHITしました。
ということでランチはこちらに決定!!

「うなぎ処山美世(やまみせ)」

image
駐車場はお店の前と、横、道路を挟んで向かい側と全部で15台あります。

口コミによるとランチタイムは行列が出来るそうですが、私達が行った日はすぐには入れました♪

店内は入って右側がテーブル席、左側にお座敷があり結構広いです。

image

image

image
私だけお酒を頂きました(≧▽≦)
梅Wine❤
image
私が注文したのは「うな重」 3,618円
image
アップです!
image
兎に角「肉厚」!!!
鰻は乗っている分だけではありません!ご飯の間にもう一層あるんです♪

ジューシーでプリプリ?で美味でございます。
今まで何件も鰻屋さんに行ったことがありますが、その中でも一番「肉厚」なんじゃないかな?

お店の外には・・・なんと「うなぎ神社」が!!!!
image

う~ん。実に興味深い・・・・(笑)


うなぎ処山美世(やまみせ)公式ブログ


玉造温泉「星野リゾート 界 出雲」ネタが続きます。。。

翌日の「朝ごはん♪」

これまたレストランで頂きます~。

きちんとメイクをしてからレストランへ行くべきなんでしょうけど・・・。お寝坊なわたくし・・・・どスッピンで行っちゃいましたΣ(゚Д゚)
眉毛が無いよー。目が小さいよー。etc・・・・・・・・・・・っ。

配膳を担当してくださったスタッフの方はきっと「あれ?昨夜と別人???」って思ったはずΣ(゚Д゚)
でもでもさすがに優秀なスタッフの方はそんな気配すら感じさせない。。よく教育されてはります。

さてさて朝ごはんのお品書き。
image

まずはこちらから。
image
そしてお膳です🍚
朝からお鍋でございます♪
ご飯🍚はおかわり自由で~す。
image
蓋をオープン!
image
理想の朝ごはんです☆やっぱり和食がいいですね♪

朝からしっかり食べると調子いいですね♪♪

玉造温泉「星野リゾート 界 出雲」の夕食♪ : Bon Chic❤


先日宿泊した、玉造温泉「星野リゾート 界 出雲」ネタです❤

とっても美味しかった「夕食」についてです♪

まずは夕食を頂くレストランスペース。
広々とした空間です。
こちらからも中庭を眺めることが出来ます☆早めの時間からスタートだったのでまだ明るいです。
image
お品書き~。
image
わぉ!どんなお料理が出てくるか期待が高まります~。
image
まずは日本酒で乾杯!
錫で出来ているのかな?良く冷えます~。
image
「先付け」 もさえびお造り
       塩 オリーブオイル 酢橘

甘味があって美味しい海老ちゃんです。
image
「八寸」 茄子翡翠煮 
      あられ海老 ゼリー仕立て
     合鴨ロース
      オレンジ酢味噌かけ
     鮪赤身とアボカドの茶巾
     川海老から揚げ
     丸十おかき揚げ
     とうもろこしの葛豆腐
     苦瓜とえんどうの和え物


見た目にも鮮やかで綺麗です。
image
「お椀」 冬瓜の鶏つくね射込み トマトの葛餅
      とうもろこしかき揚げ
      たたきおくら 針茗荷


トマトの酸味が良いアクセント?かな。
image
「お造り」 界出雲流 お造りの取り合わせ

お魚によって食べ方が違います。
image
盛り付けって大切だな~と勉強になります。
image
「揚げもの」 鶏と根菜とフォワグラの東寺揚げ
          野菜天婦羅 抹茶塩 レモン


私はフォアグラが苦手なのですが、このお料理は大丈夫でした☆
レモンをたっぷりかけて臭みを消しましょう(笑)
image
「蓋物」 穴子けんちん蒸し
      巻き湯葉 炙り穴子
      ほうれん草 抜き人参

ほっこりとする優しいお味です。
image
「台のもの」 和牛ヒレ、ロース、もも肉の三味焼き

ジュージュー焼きます♪柔らかくて美味。
image
「食事」 白飯 止め椀 香のもの
写真撮り忘れました・・・・。


「甘味」 淡雪チーズ 木苺ソース


3種類の中から選べます。
私チョイス&彼チョイス❤もちろん2つとも私の胃の中へ~(笑)
image

    ほうじ茶のクレームブリュレ
image

少しずつでしたが、お腹一杯になりました❤
なにより器と盛り付けで、食べる前からこんなにワクワクさせることが出来るんだな~と勉強になりました。
もちろん素材&お味も抜群!!
優雅なディナーでございました。

家でのご飯も魅せる一皿にしなければ~。


     

玉造温泉「星野リゾート 界 出雲」に泊まる❤ : Bon Chic❤


島根旅行ネタの続きです♪

玉造温泉にある「星野リゾート 界 出雲」に宿泊しました~っ♡
星野リゾートは料金は高めだけど、サービスや環境で満足させてくれる♬という安心感があります。

落ち着いた温泉街の北側にあります。
外観から期待度アップ~。

image
案内されたお部屋はこちら。
お部屋に「露天風呂」があります♨しかも檜風呂❤

image

露天風呂側から撮ってみました。
露天風呂の近くには、バスタオル&バスローブが置いてあります。
image

お部屋には、露天風呂とは別に室内にお風呂もあります。
シャンプー&コンディショナー&ボディーソープは室内の洗面台に置いてありました。

基本的には、露天風呂は温泉として楽しむものなので髪や体を洗うのは室内で!ってことみたいです。

館内にはもちろん大浴場完備です。こちらではお風呂の中で「冷酒」を頂くことが出来るとのこと。温泉&酒🍷サイコーでしょうね♪

大浴場の前にはマッサージチェアが2台。そして冷たいお茶とレモン水。そしてそして「白バラ牛乳のアイスクリーム」も自由に頂いてOKです。白バラ牛乳は大山高原で有名です。
私の実家では昔から「白バラ牛乳」の宅配をお願いしていました♪お風呂上がりや運動後に飲むと更に美味しいんですよね!アイスももちろん食べたことがあって大好きでしたのでテンションアップ~。

館内の造りは、大きな中庭を中心としてぐるりと客室やレストランや大浴場が囲むように配置されています。
つまり、どこからでも廊下からは中庭を眺めることが出来るのです。

ライブラリーと呼ばれる空間には、ゆったりとした椅子や本棚が置かれていて中庭を眺めながら読書を楽しむことが出来ます。
蔵書は主に、出雲や玉造温泉に関することや古事記、日本書紀などが置かれています。
奥にはコーヒー、紅茶が置かれています。ライブラリーでは陶器のカップ&ソーサーでゆったりと、お部屋に持ち帰ることが出来るように紙カップも用意されていました。
そしてこの空間は「wifi」がOKとなっています!
image


茶室もあるそうで、「お抹茶」「和菓子」を頂くことが出来るそうなのですが残念ながら行っていません。行けば良かった~((+_+))

私達が泊まった日の夜は、中庭で「恵比寿様の舞」を見ることが出来ました~。中庭に舞台があり椅子も用意されていますので、外で見ると雰囲気も楽しめて良いかも。

ここに泊まるのであればチェックイン~チェックアウトまでゆっくりと宿を満喫するのが幸せです❤
好きな時に露天風呂に入って、美味しいアイスも食べて、のんびりまったり❤
はぁ~連泊したい(≧▽≦)また来たいです~❤

↑このページのトップヘ